精力剤の成分といえばスッポンやマムシが有名です。

これらのゲテモノは古来より精力増強に効くとされていますが、最近の精力剤は科学的に根拠のあるとされるアミノ酸や酵素系の成分を多く含んでいます。

このような精力剤はいわゆる強壮(精力サプリ)に分類され、比較的容易に購入できます。

そもそも「精力の強い身体」=「健康な身体」という前提があり、怪しい成分が含まれている先入観はスッポンやマムシのイメージが先行しているからです。

強壮剤にはマルチビタミンサプリ同様に身体を元気にする栄養が豊富に含まれています。

一方で副作用を伴う勃起薬に分類される精力剤があります。
勃起薬には勃起を強制するための成分が含まれます。

このページでは、それぞれにどのような成分が含まれているかご説明します。

強壮剤(精力サプリ)に含まれる精力増強成分

最近の精力剤には以下の精力増強成分が含まれています。

  • アルギニン
  • シトルリン
  • 亜鉛
  • ビタミン
  • トンカットアリ
  • マカ
  • クラチャイダム

これらには成長ホルモンの分泌促進血管拡張生活習慣病予防効果があります。

そもそも精力の強い身体=健康な身体という前提があります。

アルギニン

アルギニンには滋養強壮、男性ホルモンの分泌促進、精力増大の効果があります。

生活習慣病の予防効果もあり、精力増強だけでなく健康的な身体作りに欠かせない栄養成分です。

血管拡張の効果も期待され、ペニスの血流を良くすることで勃起力を強化します。

一般的な食事から摂取できる量は少なく、サプリや栄養ドリンクから摂取するのが効率的とされています。

最近はアルギニン配合のエナジードリンクもよく見かけるようになりました。

また、成長ホルモンの分泌促進により、ペニス増大効果も期待できます。

シトルリン

シトルリンは身体の一酸化窒素の濃度を増加させる働きがあります。

身体の一酸化窒素増加には血管拡張作用があり、血流が改善し勃起力が強化されます。

ペニスの硬さを保てない人、中折れしてしまう人にはアルギニンと合わせてシトルリン配合の精力剤をオススメします。

亜鉛

AV男優が最も摂取するサプリが亜鉛です。

亜鉛はミネラルの一種であり、テストステロン(男性ホルモン)の分泌を促進します。

亜鉛は1日に15mgは必要と言われており、現代人が不足しがちな栄養素の一つです。

亜鉛が不足するとタンパク質、DNA合成がうまく行えなくなり、生殖機能の低下、脱毛、免疫力の低下を引き起こしてしまいます。

また、亜鉛には精子量を増加させる効果もあります。

セックスを楽しむためにも欠かせない栄養素です。

ビタミン

ビタミンは精力増強と直接的には関係しませんが、身体を健康に保つ効果があります。

ED(勃起不全)の原因の一つである生活習慣を改善します。

日常的に服用することで効果が期待される強壮剤に含まれることが多く、生活習慣病予防にも嬉しい成分です。

トンカットアリ

トンカットアリにはテストステロン(男性ホルモン)の分泌を促す効果がります。

テストステロンを摂取することで代謝アップ、筋力アップがアップし勃起力向上に繋がります。

その他、トンカットアリは漢方としての効果が期待され、精子増加、滋養強壮効果があります。

マカ

マカはアルギニン、亜鉛、ビタミンを多く含んだ植物です。

国立生物工学情報センター(ICBN)によると、マカの摂取を摂取することで精子量の増加に効果的であるとされています。

また、マカは多様な栄養を含む総合精力増強食品として古来より服用されてきました。

クラチャイダム

マカに比べ約250%もの精力増強成分を含んでおり、マカを上回る精力増強植物として最近注目を集めています。

非常に貴重な漢方なのでそもそも配合していないサプリが多いレアな成分です。

国産の精力サプリに含まれる成分は安全

強壮剤(精力サプリ)に含まれる成分はいずれも日本の厳しい薬事法審査基準をクリアした成分が適量配合されています。

健康を維持するために最適な量の有効成分が含まれているため、過剰摂取などしない限り、強壮剤(精力サプリ)は安全と言えます。

しかし、注意が必要なのが海外の強壮剤(精力サプリ)です。

海外製品は日本と異なる薬事法の生産されているため、低品質な製品や不純物の含まれた製品であることがしばしばです。

欧米人と日本人で体格が異なるので、配合量も過剰に設定されるケースがあります。

また特に東南アジア・中国製のサプリには要注意!

特に安いものは劣悪な環境で生産されており、成分精製の過程で不純物が混入することもしばしばです。

身体に害のない成分であれば良いのですが、発がん性のある化学物質が混入することも考えられます。

当ページでは安心安全な国産の精力剤を購入することをオススメします。

副作用はあるが効果は絶大。勃起薬の成分

勃起薬としては「バイアグラ」、「レビトラ」、「シアリス」が有名です。

これらにはそれぞれ「シルデナフィ」、「バルデナフィル」、「タダラフィル」という成分を含みます。

これらの成分は身体に内在する「PDE-5」という勃起を沈める酵素の働きを阻害する効果があります。

その際、「頭痛」、「めまい」、「顔のほてり」などの副作用があるため服用には注意が必要です。

身体に良い栄養を含むわけでもないので、身体的に強くなるわけでもありません。

とはいえ、服用時の勃起力は圧倒的です。

精力低下を気にせずに純粋にセックスを楽しみたい方にはオススメですが、頼りすぎると自身の本来の勃起力が損なわれるので多用は禁物です。

まとめ

このページでは精力剤に含まれる成分をご説明しました。

勃起薬に含まれる成分は別として、強壮剤(精力サプリ)に含まれる成分は生鮮食品から摂取することも可能です。

「カツオ」や「豚のゼラチン」にはアルギニンが豊富に含まれていますし、亜鉛は「かき」、「パプリカ」に含まれます。

精力剤に頼りたくない方は日頃の食生活を工夫することで精力を増強することもできます。

例えば私は魚が好きなので、アルギニンは十分摂取できていたようなのですが、一方でシトルリンや亜鉛は私には不足していました。

自身に足りていない成分を考察し、自身に合ったサプリを効率よく摂取する。

私はこの生活を1年弱続けることで勃起不全体質を克服しました。

これが精力アップの秘訣です!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事