私がオススメする精力剤はいわゆる「強壮剤」という分類のものです。

精力剤は大きく分類分けすると以下の3種類に分類することができます。

  1. 強壮剤
  2. 勃起薬
  3. 強精剤

これらの違いについては以下のページを参考にしてください。

数多くの精力剤を試してきた私が最終的に強壮剤をオススメする理由を自身の体験と科学的根拠を元にご説明します。

理由1:ED(勃起不全)が治った

精力剤サプリ飲み続けることで、ED(勃起不全)が直りました。

精力剤をオススメする理由として、何と言っても理由はこれにつきます。

数年前に中〜重度のED(勃起不全)を患っていた私は色々な薬を試しました。

「バイアグラ」などの勃起薬も試しました。

確かに「バイアグラ」を飲めば確実に勃起します。

しかし、セックスの度に「バイアグラ」を飲むことにとても抵抗を感じていました。

当時、私は「バイアグラ」と並行して強壮剤も飲んでいました。

最初は効果をあまり感じなかったのですが、1ヶ月ほど続けていたら以下の変化に気づきました。

  • 中折れしなくなった
  • セックスの前にとても興奮するようになった
  • ペニスが大きくなった

さらに、服用を続けたら、完全にED(勃起不全)を克服することができました。

これは強壮剤に含まれる滋養強壮成分の効果で、日頃から生活習慣に問題があった私の体に、必要な影響を供給してくれたからです。

例えば、強壮剤には

  • 成長ホルモンの分泌を促すアルギニン
  • 筋肉や精子量を増やすアミノ酸
  • 身体を健康に整えるビタミン

などの栄養が含まれています。

精力増強と健康のために必要な栄養を日頃から摂取し続けたことで、強い身体を取り戻したのです。

理由2:ペニスが大きくなった

強壮剤に含まれるアルギニンシトルリンは血管を拡張する効果があります。

血管と筋肉で構成されるペニスにとって血管が拡張され血流が良くなるということは、サイズが大きくなるということです。

また、強壮剤に含まれるアミノ酸の中には筋肉を構成するものがあります。

こちらも筋肉でできているペニスを大きく構築するために必要な成分です。

ちなみに「勃起薬」は勃起を沈める酵素を弱めることで強制的に勃起を促す薬ですので、筋肉量の増加や血管の拡大といった効果は見込めません。

私は強壮剤の服用と合わせてチントレを行いました。

ペニス増大のトレーニングと大きくするための栄養をキチンと与えたことがペニスのサイズアップにつながったのです。

理由3:副作用がない

もし「勃起薬」に副作用がなければセックスの度に「勃起薬」を飲むという選択も悪くないと思います。

それほどに勃起薬は強力な薬です。

本当に速攻でカチカチになります。

しかし、効果がある代償として、頭痛・吐き気・火照り・動悸などの副作用がでる場合があります。

強制的に酵素の働きを弱めるため、酵素分泌を行う身体機能への影響も心配です。

一方で強壮剤は日本の高い審査基準をクリアしたサプリです。

過剰摂取でもしない限り、身体に悪影響はありません。

時間はかかりますが、ノーリスクで精力アップが期待できます。

理由4:健康になった

これには私も驚いたのですが、強壮剤を飲むと健康になります。

そもそも健康と勃起には強い相関があり、そもそも勃起不全の大きな理由が生活習慣だったりします。

実は精力増強を促す強壮剤には身体を健康にしてくれる栄養成分が豊富に含まれているのです。

マカ・クラチャイダムといった成分は滋養強壮には欠かせない成分で市販の栄養ドリンクにもよく含まれています。

理由5:容易に購入できる

強壮剤は勃起薬や強精剤と違い、医療機関の受診なしにネットで簡単に手に入ります。

正直、定期的に通院するのは面倒です。

私はネットで数ヶ月分の精力剤をまとめ買いしています。

まとめ買いがおトクな商品もあります。

まとめ

精力剤を選ぶ理由は人それぞれです。

単にセックスを楽しむために、副作用を気にせず勃起薬を好んで使う人も多いです。

しかし、当ページでは本気で精力不足に悩む人をターゲットにしています。

私が乗り越えられたように、根気よく続ければ精力不足は乗り越えられるはずです。

また、薬に頼らず身体を元気にして臨むセックスの方が私は気持ちいいと感じました。

ですので、根本的に精力不足を改善してくれる強壮剤を皆さんにオススメします。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事